Amazon”Alexa”に盗聴疑惑・Amazon recording your conversation with Alexa




Amazonが開発する「Alexa」に盗聴疑惑です。

Bloombergの伝える所によると、言語認識能力の精度を上げるために行われている「会話の録音」は、Appleの「Siri」、Googleの「OK Google」なども同様なのだそうですが、唯一AmazonのAlexaが他と違うのは、録音された会話がアカウント情報(アカウント番号やデバイスのシリアルナンバー、ユーザーの名字など)が結びついてしまっている点です。

また、従業員が録音された「面白い会話を共有している」と証言した事が大きな問題となっており、先のアカウント情報との結びつきと相まって、これが盗聴疑惑に繋がっている様です。

 

いくら精度を上げる為とはいえ、知らない間に録音された会話が自分のアカウント情報と結び付けられ、更には従業員同士の間で「共有」されているのは、なんとも気持ちが悪いものです。

Alexaの録音情報の拒否は、 「Alexaプライバシー」のページから「新機能の開発に貢献する」をオフにすることで拒否できるという事なので、会話を盗み取られたくないユーザーの方は、この機能をオフにしておきましょう。









Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。