服を畳んでくれるドレッサー「Laundroid」・This robot will fold your laundry「Laundroid」




洗濯物のあとの畳む作業、面倒ですよね。そんな貴方に朗報です。

日本のSeven Dreamers社が、洗濯物折りたたみ式ロボット「Laundroid」を発表しました。

デモ用に設置されたこのロボットは、一見、背の高いクローゼットの様です。

使い方は簡単で、一番下の引き出しに衣服を入れると、服がロボットアームに拾い上げられ、広げられた後、ソフトウェアが衣服を認識し、人工知能によって作業が始まります。

Seven Dreamers社CEOのShin Sakane氏によれば、例えばTシャツでは、 ビジュアル解析テクノロジとAIによってシャツの長さと幅を測定して、折り畳む場所や折り畳む方向、および襟の位置が前か後ろかどうかを確認し、いったん全てを測定すると、上手に衣服を畳んでくれます。

「Laundroid」は、家族やタイプによって衣類を整理することが出来、 Wi-Fiも内蔵、折りたたんだ全てのものを追跡するアプリが付属しており、クローゼットの様に使うことが出来ます。

しかし、作業にかかる時間はまだとても遅く、最大負荷時でも全ての衣服を畳むには約5時間かかり、靴下は畳むことが出来ません。

それでもいいという方は、予約注文がこの秋からスタートするので、申し込んでみては如何でしょうか。

「Laundroid」は、当初、日本、アメリカ、中国で販売され、お値段は16,000ドル(約180万円)ということです。









Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。