40000 year old wolf’s head discovered in Siberia・まるで最近に死んだかの様な40000年前のオオカミの頭部が発見される




シベリアでまた新たな発見です。

シベリアの永久凍土から、まるで最近死んだかの様な、オオカミの頭部が発見されました。

オオカミの頭部には毛皮や歯、軟組織もそのまま保存されており、保存状態は極めて良好。先日の42000年前の子馬に続いて、大きな発見となりました。

研究チームは、現在このオオカミの頭の内部のデジタルモデルを作成しており、DNAの解析も進められているという事です。

シベリアでは、この所の気候変動によって永久凍土の溶解が進んでおり、こうした保存状態の良い古代の動物の発見が増加するだろうと見られているという事で、今後も新たな発見に要注目です。

 

地球温暖化は防ぎたいところですが、思わぬ発見に繋がる事もあるのですね。

そう言えば、子馬のミイラが4万2千年前、そして今回のオオカミもまた4万年前でした。
果たして、4万年前の地球に何があったのか?気になるところです。

近い将来、研究によって明らかになると良いですね。









Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。