Russian Child Abuse ” Baby Yoga “, now spreads to China. / 赤ちゃんをグルグル振り回す、危険な「赤ちゃんヨガ」 ロシアから中国へ広まる




 

 

ロシアで始まったとみられる、赤ちゃんの手や足を持ってグルグルと振り回す危険な「赤ちゃんヨガ」ですが、ついに中国まで広がりを見せているようです。

ロシアの Lena Fokinaという女性がグル(開祖)という、この奇妙な赤ちゃんヨガ、赤ちゃんの手や足を持ってブンブン振り回している動画は世界中の人が衝撃を受けたので、知っている方も多いと思います。

元々は、ロシアの研究者たちによって、生まれたばかりの赤ちゃんが環境に馴染んだり、社交性を高める事を助ける目的で考案された体操がルーツにあるようですが、その研究は決して主流などでなく、多くの医学者たちには受け入れられていません。

一家族当たり255ポンドで開かれている12日間のセミナーを取材したデイリー・メールのリポートによれば、Fokinaに手や足を持って振り回された赤ちゃんたちは、叫び声を上げたり、泣いたり、嘔吐したりする子がほとんどで、その効果に対して疑問視する声が上がっています。

Fox NewsのメディカルコンサルタントであるManny Alvarez博士によれば、赤ちゃんの手や足を持って振り回す行為は、赤ちゃんの関節にダメージを与えるだけでなく、揺さぶられっ子症候群や内出血によるむくみ、脳に深刻なダメージを与える可能性があり、長期的な知的及び身体的な障害、脳性麻痺、最悪の場合死に至る危険性もあると言われています。(揺さぶられっ子症候群などによる影響は、6才くらいになるまで分からない為、仮に今異常が見られなくても、楽観視することは禁物だそうです。)

 

さて、こうした赤ちゃんヨガに対する批判的な意見に対し、赤ちゃんヨガのグルであるFokinaは、次のようにコメントしています。

「インターネットで批判されているとしても、時間がないので読みません。」

自らが率先し、セミナーを開いてまで勧めているにしては、随分と無責任な発言ですね。

 

一番怖いのは、誤った知識が目新しさだけで広まり、多くの被害者を出してしまう事かもしれません。

(個人的には、全く愚かだとしか言いようのない、呆れた行為だと思っています。)

 

Lena Fokinaによる赤ちゃんヨガの動画

(ショッキングな内容も含まれるかもしれませんので、閲覧にはご注意下さい)

 

[Shine]

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。