Don’t kiss your Hedgehogs/ハリネズミには気をつけろ




ペットとして人気のあるハリネズミですが、実はサルモネラ菌を媒介する危険な動物であることがわかりました。

アメリカ、C.D.C( Centers for Disease Control and Prevention )の調査では、米国内8つの州で、11人がサルモネラ菌の一種に感染し、内一人が入院するというアウトブレイクが発生しているとのことで、飼っているハリネズミにキスや頬ずりなどをしないよう注意を呼びかけているという事です。

今の所、死亡者は出ていませんが、感染者はミズーリ州、ミネソタ州、コロラド州、メイン州、ミシシッピ州、ネブラスカ州、テキサス州、ワイオミング州と、多岐にわたっています。

サルモネラ菌に感染すると、下痢と高熱、胃痙攣などを起こし、およそ4~7日程度で自然に回復するそうですが、中には重篤な症状で入院するケースもあるそうです。

サルモネラ菌を媒介するのはハリネズミに限ったわけではなく、C.D.Cによると、最もよく知られているのが爬虫類で、その他にも齧歯類やカエル、アゴヒゲトカゲやヤモリ、モルモットなどからの感染も報告されているそうです。

これらのペットをお持ちの方は、決してペットに頬ずりやキスなどをせず、触れたら良く手を洗い、清潔を保つようにしましょう。

一見、可愛い動物たちにも思わぬ病原菌が潜んでいるので、ペットを飼う時は十分な注意が必要ですね。





Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。