見かけだけじゃない!本当に使える スチームパンクなBluetooth キーボード/ Working Steampunk Bluetooth Typewriter with Touchpad




かっこいいですねぇ。なんとも言えないアンティークとハイテクが融合した、スチームパンクなキーボード。

驚くことにこのキーボード、見かけだけじゃなくて、ちゃんと使えちゃうんです。

 

スチームパンクなキーボード 1

 

スチームパンクなキーボード 2

 

スチームパンクなキーボード 3

 

スチームパンクなキーボード 4

 

スチームパンクなキーボード 5

 

 

このキーボードを作ったのは、スチームパンク・アーチストのThomas Willefordさんという方。

彼は、Brute Force Studioのオーナーでもあり、スチームパンク・ギアやガジェット等のオーソリティーとして、メーカーが現代工芸などを制作する際のガイドなどを務めているそうです。

友達からよく「それが本当に使えたら買うのになぁ」と言われた事がきっかけで、それなら、見かけだけじゃなくて本当に使える奴を作ろうじゃないのと思いたったのだとか。

 

念のため、主な仕様を揚げておくと、

・ 3イン1 マルチメディア・ワイヤレスキーボード(キーボード、タッチパッド、レーザーポインター)

・有効距離はなんと100フィート。ベッドからでも、ソファからでも自由自在に楽々操作

・ビルトイン・リチャージャブル・リチウムイオンバッテリーは短い時間で即充電

・2.4GHzのミニUSBワイヤレス・レシーバー付属 ・ワイヤレスレシーバーは、使わない時はキーボードに格納可能

・待機時間 500~700時間

 

推奨システム要件は、

・Windows 2000 / XP / Vista / 7

・ Mac OS 10.x or lower

・ Linux (Debian 3.1 / Redhat 9.0 / Ubuntu 8.10 / Fedora 7.0)

とまぁ、なんともすごく本格的。

 

全てオーダーメイドで、気になるお値段は、1200ドル。現在、こちらで注文を受付中です。

海外注文にも対応してくれるそうなので、興味のある人はオーダーしてみるのもいいかもしれません。

ただし、全て手作業での制作になるため、手元に届くまでにおよそ8~12週間ほどかかるそうです。 どうしても待ちきれない人は、一言添えれば、なんとか希望の日程に合わせるよう努力してくれるそうですが、特に申し出の無い限りは仕上がりの期限に関しては約束出来ないそうなので、ご注意を。

でも、これだけの物を手作業で作ってくれて、しかも実際に使えるというのなら、好きな人ならいくらでも待っちゃうかもしれませんね。何から何まで味のあるこのキーボード、オーダーメイドで1200ドルなら、安いくらいかも知れません?

 

実際にこのキーボードを動かしている所が見たい人は、こちらで!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。