米ロサンゼルス中華街にブルース・リーの銅像/ Bruce Lee becomes a fixture in Chinatown




ロサンゼルスのチャイナタウンにBruce Lee(ブルース・リー)の銅像が登場しました。

銅像は、米ロサンゼルス中華街の誕生75周年を記念してブルース・リーの娘のShannon Lee(シャノン・リー)さんと、ブルース・リー財団の社長が企画したもので、5年の歳月をかけてロサンゼルス中華街まで運ばれ、今回初のお目見えとなりました。制作したのは広州のアーチストだそうです。

残念ながらコンクリートの台座に置くにはあと15万ドルほど費用が必要な為、当面は台座なしでのお披露目となるそうですが、今年はブルース・リー没後40周年に当る年でもあり、また土曜日は父の日の一日前でもあった事から、シャノンさんは、ちょうど良いタイミングで公開できたと話しています。

ブルース・リー 中華街 ロサンゼルス

 

ブルース・リーは、サンフランシスコのチャイナタウンで生まれ、オークランドに住み、シアトルのチャイナタウンで武術教室を開きましたが、シャノンさんによれば、1960年代はロサンゼルスのチャイナタウンに居たこともあるそうです。

(銅像の公開は03:00~)

Los Angels Times


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。