小型機が住宅の屋根に墜落 2人ケガ/ Small Plane Crashes Into Apartment Roof




米バージニア州ハーンドンで、二人乗りのセスナ機が住宅の屋根に墜落。

この事故で飛行機の飛行機を操縦していたパイロットが病院へ運ばれ重体、他、アパートの住人1人もケガを負いましたが、幸い命に別状はありませんでした。

墜落は電気系統のトラブルからエンジンが停止したことが原因と見られています。

住人の1人 David Ventura(デビッド・ヴェンチュラ)さんは、大きな爆発音を聞いて現場の様子を見に行きましたが、目の前のあまりの出来事に驚き、初め何が起こっているのか分からなかったそうです。

小型機は、フィラデルフィアから出発し、企業用の赤外線撮影をしながら、途中、燃料給油の為にダレスの飛行場を経由してマナッサスへ向かう予定でした。

Metro

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。