史上初!中国の探査機が月面での植物の発芽に成功/China germinates first seed on the moon




月の裏側に着陸した中国の探査機「 嫦娥4号 」によって行われた植物栽培の実験で、綿花の発芽に成功しました。地球以外の星での植物の発芽に成功したのはは、この実験が史上初です。

月面は、昼は摂氏126度、夜はマイナス138度という 非常に過酷な環境にあり、また水などもないため、実験は温度を一定に保つ事のできる特殊な容器の中で行われたという事ですが、写真では確かに綿花の芽が育っているのが見られます。

今の所、発芽に成功したのは綿花のみで、他の植物の発芽は見られないとの事ですが、 この容器の中には他にもカイコやミバエ、ジャガイモの種や酵母などが積載されており、将来的にはカイコなどが孵化した際に発する二酸化炭素によって植物が光合成を行うという、小さな生態系を作る実験も行われるとのことです。

月を巡っては、一昨年にはトランプ大統領が月の軌道上に宇宙開発施設の拠点を作るように指示したり、またSPACE-Xを手がけるイーロン・マスク氏が民間での月旅行を計画するなど、ここ数年でまた競争が激しくなってきており、中国としては今回の実験の成功によって、他を引き離す大きな一歩となりました。



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。