世界大戦中に使用された戦車が65年ぶりに息を吹き返す/ Soviet heavy tank comes back alive 65 years after WW II




第二次世界大戦中に使用された戦車が、65 年ぶりに復活!

ウクライナの村に放置されていた、ソビエトの重戦車「ISU-152」、通称 Zveroboy。 (ズヴェロボイ)

地元のエンジニア達が集まって復旧を試みた所、なんとエンジンを起動させることに成功、65 年ぶりに息を吹き返しました。

65 年間も放置されていたらエンジンなんてかかるわけ無いと思うのが普通なのですが、見事に復活してしまうあたりは、さすがロシアと言わざるを得ません。(笑




1 comment

  1. 匿名 5月 24, 2013 8:39 pm  返信

    すばらしい・・・。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。