金持ちが障害者を雇ってディズニーワールドで行列飛ばし/Rich Pays Disabled To Cut Lines At Disney




せっかくの楽しいディズニーランドも、行列に並ばなければならないのが玉に瑕。

でも、いくら行列に並ぶのが嫌だといっても、ズルをするのはいけません。

フロリダのディズニーワールドで、一部の金持ちが行列を飛ばすために障害者を雇ってツアーに参加していたことが明るみになり問題となっています。

もともと「ディズニーワールド」には、障害者1人につき6人までなら行列に並ばず優先ルートでアトラクションに乗れるという障害者優遇制度があるのですが、この制度を悪用したツアー会社「ドリーム・ツアーズ・フロリダ」が、障害者を雇って旅行客に同伴させるという、夢の「裏ツアー」を企画。

参加者は一時間130ドル(1万2000円強)か、8時間1040ドル(約9万8000円)を払って障害者のツアーガイドを雇うことで、ディズニーワールドの障害者優遇コースで行列に並ばず「裏コース」を使って乗り放題というわけです。

 

騒動を受けて、すでにこのツアー会社は企画を中止、障害者へ向けたサービス・システムを悪用された形のディズニーランドは怒り心頭の様子で制度の見直しを始めたとコメントを出していますが、実際に障害者を雇ってツアーに参加した富裕層の女性は報道機関のインタビューに対し、全く悪びれる様子もなくこう答えたそうです。

「他の家の子は2時間半も並んでいたけど、うちの子は1分でイッツ・ア・スモールワールドのアトラクションに乗れたわ。」「これが1%の富裕層がディズニーでやっていることよ。」

 

この他にも、アメリカ国内では健常者がレンタルの車椅子を借りて障害者になりすまし、空港内で飛行機搭乗手続きの行列を飛ばすなど、制度を悪用する人が増加しているそうですが、今のところ車椅子を借りるために特に証明書などは必要なく、また空港職員は車椅子がなぜ必要なのか聞いたりすることも禁じられている為、当局が頭を悩ませているということです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。